夢の扉を開けたら

還暦の日に思い切って開けた夢の扉 どんな景色が広がっているのかワクワクが止まらない♪

腎臓病きぃちゃんのその後

4ヶ月前に腎臓病と診断された愛猫きぃちゃん。

1週間前から1日おきに点滴に通っています。

療法食を食べてくれなかったり水を飲んでくれなかったり大変でしたが、最近は療法食のカリカリを食べてくれるようになっていたので安心していたのですが・・・

段ボールに隠れてみたり、走ったり普通に元気だったのに、GW明けから元気がなくなり、食欲が落ちてしまいました。

舌をペロペロして口元を気にしているので、口の中が痛くて食べられないのか?

病院に連れて行くと、舌の両側が口内炎で赤くなっていて、点滴と口内炎の注射をしてもらいました。腎臓病が進行すると毒素が排出できずに口腔内に炎症が起きる、とネットで見たけど、そんなに進行しているのか・・・

家で点滴しますか?と聞かれたのですが、点滴の間中、ずっと怒って大騒ぎをしているきぃちゃんを見て、あまりの騒ぎように先生が「おやめになった方がいいですね」と。

こんなに騒ぐ子は珍しいらしい。

病院で騒いで体力を使い切ってしまったのか、家に帰ってからはマットの上でずっと寝ていました。

そして、ショッキングだったことがふたつ。

翌朝、マットの上に粗相をしていたのです。

これまで粗相はしたことがなかったので、動けない程の体調になっているのかと思うと心が痛い。

もうひとつ、水が飲みたい時にはシンクに飛び乗ってきたのに、それができなくなっていました。

飛び乗ろうとして何度か構えても、ムリだと判断するのか諦めてしまう。

一度だけ上がれたけれど、ジャンプに失敗し、手をかけてなんとかよじ登った感じでした。

3回目の点滴の時には「食欲増進剤」という薬を耳に塗ってもらいました。

帰宅後、少しするとカリカリを食べ始め、体重も少し増えて再びカウンターに飛び乗ることができ、よかった!

と思っていたのも束の間、今日はまた飛び乗ることができなくなっていました。

こんなに急激に弱ってしまうなんて想像もしていなかった。。。

早く元気になってまた一緒に遊ぼうね